日産 キューブ(初代 Z10型)

日産 キューブ(初代 Z10型)の情報

車種名キューブ
メーカー名日産
年式1998年-2002年
ボディタイプ5ドアトールワゴン
コメント

キューブっていると丸い印象があるんですが、初代のこいつは「キューブ=立方体」という名前の通り、割と四角いデザインです。

ちなみに、ベール車はマーチなんですが、背を高くして「ゾーンボディ(衝突安全ボディ)」を採用したことでこんな形になったみたいです。

デザイン的にはシンプルで日産っぽくないですが、そのシンプルさが逆に個性になっているような感じを受けます。

日産 キューブ(初代 Z10型) Wikipediaでの情報

その名の通り、スペース重視のコンセプトを持った車だが、一般的なミニバンよりもボンネットが際立つユニークなスタイリング。日産の事実上の親会社で、アライアンス関係を結んでいるルノーと共同開発したプラットフォームを使用している(マーチやルノー・モデュスと共用)。 第28回の東京モーターショー(1989年開催)に出品されたコンセプトカー「シャポー」からデザインコンセプトがスタートしており、2代目以降は窓の数、ピラーの位置など、ボディシェルが左右非対称に作られているのが大きな特徴。そのスペース効率か....

→続きを読む

クルマの売買ならクローズド情報があるガリバーがお勧め

【ガリバー中古車】中古車情報・中古車検索

【車買取ガリバー】高価買取ならガリバー

カーセンサーで中古車をピックアップ