日産 ステージア(WC34)

日産 ステージア(WC34)の情報

車種名ステージア
メーカー名日産
年式1996年-2001年
ボディタイプ5ドアステーションワゴン
コメント

ステージアは2代しか販売されていませんでしたが、こいつは初代のWC34型でR33系のローレル/スカイラインのシャーシを使っています。

後ろ姿としては、リアゲートがスクエアで垂直に落ちているので「無骨」な雰囲気を醸し出しています。

ステーションワゴンは業務用or家庭用という印象がありますが、それを完全に男向けにした感じです。

日産 ステージア(WC34) Wikipediaでの情報

ステージア (STAGEA) は日産自動車が製造・発売していたステーションワゴン。スカイライン、ローレルのプラットフォームをベースに設計されていた。 1996年10月、WC34型登場。Lクラスステーションワゴン専用車種としてローレル/スカイラインのシャーシと走行装置を採用。搭載するエンジンは直列6気筒のRB25DET型インタークーラー付ターボ、RB25DE型、RB20E型の3機種。グレードは「RS FOUR (V) 」・「25X (FOUR) 」・「25G (FOUR) 」・「20G」。また、....

→続きを読む

クルマの売買ならクローズド情報があるガリバーがお勧め

【ガリバー中古車】中古車情報・中古車検索

【車買取ガリバー】高価買取ならガリバー

カーセンサーで中古車をピックアップ